[ お詫び ]
龍馬I号の電気系統トラブル、ならびに一部クルーズ運休に関して
(5月20日更新)

去る2019429日、午後1840分頃、パラオジャーマンチャネル南1.7㎞のリーフに船体の一部を乗上げる事故に関し、今回の事故の直接的な原因は、操舵・操作系の電源を供給しているブリッジのバッテリーへの充電を行うダイナモモーターの突発故障による発電不足、及びバッテリーの電圧低下による制御喪失と断定いたしました。

今後、本船は
5月末よりドック入りを行い、
2系統ある操舵系バッテリーの個別の充電配線の設置 
②これらバッテリーの充電配線の電流、電圧メータ設置 
③操舵系バッテリー本体の電流、電圧メータ設置 
2系統の操舵系電源の完全独立 
を修理点検・新規設置いたします。これに因り74日までの今期の全てのクルーズは、誠に勝手ながら運休とさせて頂きます。

当該クルーズにお申し込みをいただいているお客様、お申し込みをご検討いただいているお客様には大変なご迷惑をおかけしますこと心よりお詫び申し上げます。


なお、当該期間のクルーズ料金のお支払いを完了しているお客様、予約金のお支払いが完了されているお客様は、全額ご返金させていただきます。


また、クルーズ不催行に伴い航空券やホテル等のキャンセル料が発生する場合、当該金額も含め補償させていただきます。補償に関してはこちらからご連絡を試みますが、お急ぎの場合はお手数ですが下記弊社担当者までご連絡ください。

今後、再発防止策を構築し、一層の安全性確保に努めます。また、皆様に安全で快適な龍馬ダイブクルーズをお楽しみ頂けるよう最善を尽くして参ります。 運航再開の目途が立ち次第、速やかにHP等でご報知させて頂きます。

重ねながら、事故当日にご乗船のお客様、ご予約を頂戴しておりましたお客様、ならびに関係者の皆様に、深くお詫びを申し上げます。


2019520
デイドリーム代表
秋野

本件に関するお問い合わせ先:
デイドリーム東京事務所  担当公野(コウノ)
03-6661-7285
(10:0018:00)
Mail:
ryoma@daydreampalau.com


Stacks Image 345
Stacks Image 348
Stacks Image 351