新型コロナ感染症関連の
パラオ情報
(2021年09月28日 更新)

Stacks Image 659


以下は、新型コロナ感染症関連の現在のパラオの状況です:
内容は予告無くアップデートされている場合があります。)


新型コロナ感染者数:
10名未満

マスク着用義務:
空港、公共機関、ホテル、レストランなど

ソーシャルディスタンスの徹底:
道路、空港、公共機関、ホテル、レストランなど

休業等:
一部のホテル/レストランなど

パラオへの入国:
パラオ入国には、ワクチン接種証明書とPCR検査陰性証明書の航空会社への提出が必要。
海外渡航用ワクチン予防接種証明書は市区町村が発行するものが使用可能。
パラオに向けた日本出国14日前から、ソーシャルディスタンスの実施、マスクの着用及び大規模集会への参加自粛を求められる。
パラオ非居住者は政府の認定を受けた宿泊施設に滞在する。
パラオ入国に必要な新型コロナウイルス検査(陰性証明書)は、鼻咽頭ぬぐい、咽頭ぬぐい、鼻腔ぬぐい及び中鼻甲介ぬぐいの検体によるもののみ認められる。
ワクチン接種完了者のパラオ到着後の検疫措置は、
15日間の行動制限、
2)パラオ到着時と入国後5日目の新型コロナウイルス検査(抗原検査(Antigen Test):鼻腔ぬぐい(Nasal Swab))。

パラオからの出国:
パラオ出国前、(日本入国用の)新型コロナウイルス検査(PCR検査:鼻咽喉ぬぐい(Nasopharyngeal))を国立病院で受検(検査日時は各自で要確認)。
検査当日、パラオ保健省職員に日本入国用であることを必ず伝える。
陰性証明書は必ず以下
2の陰性証明書(見本)と見比べて確認(不備があると入国拒否、出発国への送還となる可能性あり)。

日本への入国(帰国):
パラオ出国前、(日本入国用の)新型コロナウイルス検査(PCR検査:鼻咽喉ぬぐい(Nasopharyngeal))を国立病院で受検(検査日時は各自で要確認)。
検査当日、パラオ保健省職員に日本入国用であることを必ず伝える。

※日本への帰国(入国)に関しての最新情報は以下をご参照ください:
水際対策の抜本的強化について(厚生労働省)
水際対策に係る新たな措置について(厚生労働省)